EPISODE

#8
Sing a Sonic

ぼろぼろのタヅナと、彼を心配そうに見るコヨリ。 二人は窮地に立たされていた。 前に立ちはだかるのは、きらびやかな衣装に身を包んだ少女と、スーツ姿の男――現役アイドル阿波座こだま(コダマ)と彼女のマネージャーである盛山 響(ヒビキ)。 彼らの手にはニムロデが握られていた。
STAFF
脚本:八薙玉造・金澤洪充 絵コンテ:鈴木信吾・金澤洪充 演出:立花昌之 作画監督:内田孝行・古田 誠・植木理奈
#7
Festival and Carnival

学園祭の準備で学校中が浮き立つ中、タヅナはマキハラの研究室を訪れていた。 マキハラは昔、ハンドシェイカーだった。 先日コヨリを探している時、男から聞かされた言葉。 タヅナはそれを確かめようとしていたのだ。 だがそこで彼はマキハラから驚くべき真実を告げられる――。
STAFF
脚本:八薙玉造・金澤洪充 絵コンテ:島津裕行・鈴木信吾 演出:山岸徹一 作画監督:内田孝行・古田 誠・武本大樹・安達翔平
#6
Emperor of Fortune

北条璃々(リリ)と勝(マサル)と戦うことになったタヅナたち。

彼らを傷付けたくないと、戦闘をやめるよう説得したいタヅナだったが、激しい攻撃に守りに徹するしかない状況だった。

そんな二人をリリとマサルは遠くから見つめる。

彼らの胸の内には、どうしても叶えたい「願い」があった――。

STAFF
脚本:八薙玉造・金澤洪充 絵コンテ:島津裕行・鈴木信吾 演出:横峯克昌 作画監督:内田孝行・古田 誠・岡田直樹・石田智美・海野瑠璃
#5
Meet Yet

タヅナとコヨリはチヅルたちに誘われ、カクテルコーンの次世代店舗ショールームに訪れていた。

最新機器の数々に心躍らせるタヅナ。

それは店を出た後も変わらず、様々な考えを巡らせていた。

だがふいに、片手にいつもある感触がないことに気付く。

なんとタヅナはコヨリとはぐれてしまったのだった……!

STAFF
脚本:八薙玉造・金澤洪充 絵コンテ:鈴木信吾・金澤洪充 演出:立花昌之 作画監督:内田孝行・古田 誠・武本大樹・安達翔平
#4
Live Lab

チヅルとハヤテ、彼らはハンドシェイカーだった。 願いは、すべてを平等にすること。 ダガー=シャドウ、ブレイド=シャドウと名乗る彼らの連携した攻撃に、防戦一方となるタヅナ。 だが彼はコヨリを守るため、ある活路を見出す。 シングル=ギアを突き立て、疾走するタヅナたちが向かう先は――。
STAFF
脚本:八薙玉造・金澤洪充 絵コンテ:島津裕行・鈴木信吾 演出:金澤洪充 作画監督:内田孝行・古田 誠・谷 圭司・武本大樹・海野瑠璃
#3
Blade and Dagger

マキハラの研究室で定期健診を終えたタヅナとコヨリ。 これからの予定を聞かれ、試してみたいことがあるというタヅナに、コヨリは不思議そうな表情を浮かべていた。 一方その頃三津寺千鶴(チヅル)と東 颯(ハヤテ)はユニット導入の説明を行いに、ある場所を訪れていた。 そこはタヅナの通う学校で――。
STAFF
脚本:八薙玉造・金澤洪充 絵コンテ:島津裕行・鈴木信吾 演出:山岸徹一 総作画監督:内田孝行・古田 誠・植木理奈・石田智美
#2
Lead by Red

異質な世界――ジグラートで初めてのハンドシェイカーの戦いを経験したタヅナ。 傍らにはタヅナと手を繋いだことで目覚めた芥川小代理(コヨリ)の姿が。 彼女はタヅナと手を放すと、死んでしまうのだという。 突如遭遇した様々な出来事に戸惑いを隠せないタヅナ。 そんな彼にマキハラが驚きの真実を告げる。
STAFF
脚本:八薙玉造・金澤洪充 絵コンテ:島津裕行・鈴木信吾 演出:横峯克昌 総作画監督:内田孝行・古田 誠・花昌之・武本大樹・植木理奈
#1
Conductor to Contact

機械いじりが得意な高校生・高槻手綱(タヅナ)は、修理依頼に駆け回る日々を送っていた。 ある日、大学部の准教授・槇原長政(マキハラ)からの依頼で、彼の研究室へと訪れる。 そこにはベッドで眠り続ける一人の少女が。 何かに導かれるように彼女の指先に触れたタヅナに、どこからか声が降り注ぎ——。
STAFF
脚本:八薙玉造・金澤洪充 絵コンテ:島津裕行・鈴木信吾 演出:横峯克昌 作画監督:内田孝行・古田 誠・岡田直樹・武本大樹・安達翔平

pagetop